1. Top
  2. 会社案内
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

株式会社トーホー
代表取締役社長 古賀 裕之

社長あいさつ

当社グループは2018年2月1日から、第七次中期経営計画(3ヵ年計画)「IMPACT 2020」を策定し、下記に掲げる8つの重点施策のもと、更なる企業価値の向上に向け、具体的な取組みをスタートいたしました。

■第七次中期経営計画 8つの重点施策

  • コア事業のシェア拡大
  • 商品力・トータルサポート力の強化
  • グループ連携強化によるシナジー発揮
  • M&A戦略の更なる加速
  • 新たなビジネスモデルの創生・育成
  • 人事・給与制度改革の継続
  • 業革の進化と水平展開による生産性向上
  • コスト・コントロールの徹底

当社グループは、「食を通して社会に貢献する」の経営理念のもと、「美味しさ」そして「安心・安全、健康、環境」を経営のキーワードに「外食・中食・内食」の「食」の様々なシーンを支える企業グループとして、外食事業者の皆様のお役に立つ商品、サービスの提供、ご家庭での楽しく豊かな食材の提供に努めております。
近年、国内においては、少子高齢化や人手不足、女性の活躍などを背景に、「食」に対するニーズや価値観にも変化が見られ、その変化に対応すべく、第七次中期経営計画では新たに「商品力・トータルサポート力の強化」を重点施策に加えました。
M&A戦略も活用した国内外事業基盤の強化や業革による生産性の向上を継続しつつ、市場・お客様ニーズに即した商品調達力・開発力、外食ビジネストータルサポート機能の一層の強化を図り、持続的成長と収益力の向上を実現し、「社会から信頼され必要とされる企業グループへ」と成長してまいる所存です。
皆様におかれましては、当社グループへのご理解と変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

2018年3月
株式会社トーホー
代表取締役社長
古賀 裕之