1. Top
  2. 会社案内
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

株式会社トーホー
代表取締役社長 古賀 裕之

社長あいさつ

 当社グループは、「食を通して社会に貢献する」の経営理念のもと、「美味しさ」そして「安心・安全、健康、環境」を経営のキーワードに「外食・中食・内食」の「食」の様々なシーンを支える企業グループとして、外食事業者の皆様のお役に立つ商品やサービスの提供、ご家庭での楽しく豊かな食材の提供に努めております。

 当社グループでは、更なる企業価値の向上を図るべく、2019年1月期を初年度とする第七次中期経営計画(3ヵ年計画)「IMPACT 2020」を策定し、「収益力向上」「グループ連携強化」「海外事業力強化」を戦略の軸に、下記の8つの重点施策に沿った具体的な取組みを推進しております。

■第七次中期経営計画 8つの重点施策

  • コア事業のシェア拡大
  • 商品力・トータルサポート力の強化
  • グループ連携強化によるシナジー発揮
  • M&A戦略の更なる加速
  • 新たなビジネスモデルの創生・育成
  • 人事・給与制度改革の継続
  • 業革の進化と水平展開による生産性向上
  • コスト・コントロールの徹底

 初年度となった前期は、業務用食品卸において、巨大市場である関東地区を中心に事業所開設や新築移転を行い、シェア拡大を図るとともに、キャッシュアンドキャリー事業や食品スーパー事業でも出店・移転・改装を進め、事業基盤を強化いたしました。
 M&Aでは業務用厨房機器を取扱う㈱エフ・エム・アイがグループ入りし「外食ビジネスをトータルにサポートする機能」が一層充実するとともに、首都圏で製菓・製パン業態向けに業務用食品卸売事業を展開する昭和物産㈱が、海外でもシンガポールで業務用青果卸を展開するFresh Direct Pte Ltd、ほか関係3社がグループに加わりました。
 一方、人事・給与制度改革の継続のもと、従来から推進してまいりました女性活躍推進や健康経営などの取組みが評価され、「健康経営優良法人2019~ホワイト500~」や「ひょうご女性の活躍企業表彰」といった認定・表彰をいただくことができました。
 2年目となる当期も、3月に関東地区で学校・病院などの給食事業者向けに業務用食品卸売事業を展開する関東食品㈱がグループ入りしたほか、海外でも、海外3ヶ国目、香港初進出となるTOHO FOODS HK CO.,LTD.が営業を開始するなど、8つの重点施策に沿った具体的な取組みを推進しております。
 今後も市場・お客様ニーズに即した商品調達力・開発力、「外食ビジネスをトータルにサポートする機能」の一層の強化を図り、持続的成長と収益力の向上を実現し、「社会から信頼され必要とされる会社へ」と成長してまいる所存です。
 皆様におかれましては、当社グループへのご理解と変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

2019年5月
株式会社トーホー
代表取締役社長
古賀 裕之